読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デザイナー就活生へ

実務未経験でデザイナーになりたい方のために。未経験からグラフィックデザイナーになり、マーケターに転身した経験から、デザイナーとして採用されるための小話を書いていきます。

はじめに。デザイナーになりたいあなたへ。

 

「何社も受けたんですが、全部落ちてしまいました」
「卒業したまま経験不足なので、いつまでも採用されません…」

 

デザイナーになりたくてもなかなか採用されない、そんなお声をよく聞きます。

 

どうして落ちてしまうのか?
美大卒じゃないから?
ポートフォリオがイケてないから?
面接がヘタだから?

 

不安要素がたくさんあって、悩みますよね。

 

でも、採用する企業側からすると、たとえばそういうことはあまり問題ではありません。

 

また、面接をしていると

 

「ああ、これでは、あと何社受けても通らないだろうな…」

 

という方が少なからずいます。

 

逆に、

 

「今はまだまだ未熟だけど、この人なら育てていこうかな」

 

と思わせてくれる方もいます。
こちらの場合は、採用です。

 

この2人、何が違うのでしょうか?

 

このブログでは、デザイナーからマーケッターになった私自身の経験を通して、
「採用したいと思われるデザイナーになる」ことについてお話ししていこうと思います。

 

デザイナーを目指して就活・転職活動をしているけど、なかなか成果に繋がらない、、、
出口が見えなくて、何をしたらいいかわからない

 

そんな方の、何か少しでも気づきになれば嬉しいです。

 

もちろん、この通りにやれば絶対デザイナーになれるというものではありません。

 

「有名広告代理店のクリエイティブ局に新卒入社する」方法が書いてあるわけでもありません。

※グローバルなトップ企業と仕事をするデザイナーになるのは、まったく別次元の話です…

 

ただ、

デザイナー採用の現場で感じたことや、

意外と気づかれていない企業側の視点など、

 

悩まれている就活生の方々にぜひ知ってほしい、ヒントになるようなことを
お伝えしていこうと思います。

 

私自身も、文学部卒からグラフィックデザイナーになるまで、スキルアップで悩んだり、就活で悩んだりしました。

 

デザイナーになった後も、結局美大卒でも専門卒でもないのが不安だったり、
今でも一流の有名デザイナーなどでは決してありません。

 

でも、そんな経歴の私だからこそ
似たような環境で悩んでいる方に共有できることがあると思います。

 

デザイナーになりたいあなたが、デザインの現場で活躍できる、
その第一歩をお手伝いできれば嬉しいです!