デザイナー就活生へ

実務未経験でデザイナーになりたい方のために。未経験からグラフィックデザイナーになり、マーケターに転身した経験から、デザイナーとして採用されるための小話を書いていきます。

就職はマッチングで決まる。デザイナー就活で今すぐやるべきこと

 

面接で一番伝えなければならないことは
「あなたが選ばれるべき理由と、その根拠」だとお伝えしました。


面接というのはつまるところ、
「御社が選ぶべきなのは、私ですよ」
という話をしにいく場です。
御社と私はベストマッチ!!と、
宣伝しにいく場です。

 

では、どうすれば「ベストマッチ!!」と言ってもらえる会社を増やせるでしょうか?


答えはとてもシンプルで、
「スキルを伸ばす」ことです。
これだけが、本当に、何よりも万能なクスリです。

 

でも、意外とそこを甘く考えていませんか?

 

未経験の方との面接で、多いのが、

 

「このくらいのスキルでも、採用していただけますか?」

 

というご質問。

 

伸び代を感じられれば採用なのですが、
もちろんいくら未経験歓迎でも、同じ応募者の中によりスキルの高い人がいたら、その方に決まってしまいます。


デザイナーの最強の武器は、やっぱり
「実務能力が高い」!!

 

「仕事が任せられそう」と思ってもらうこと、とにかくこれが、一番強いです。
ポートフォリオではそこを見せることに注力しましょう。
(具体的なポートフォリオの作り方はまたの回で)

 

スキルが欲しくない会社はないので、
スキルを磨けば、それだけマッチできる会社が増えるということです。

 

「未経験だから、このくらいでもいいのかな…」

と思っているうちは、

 

それだけ選ばれる可能性を下げています。

 

さらに、その中で自分のテイストと合う会社、やりたいことをやれる会社だけを探していると、、、

 

自分から、どんどん狭き門に入っていってしまいます。

 

もちろん、テイストに合わないところをやみくもに受けても、マッチしないので受かりづらいのですが、


そもそもテイストごとに表現を使い分けられるようになるくらいのスキルが、しっかり身についているか?

 

改めて見直してみましょう。

 

少しでも実務能力を伸ばし、臨戦態勢、即戦力をアピールするほうがずっと受かります。

 

晴れてデザイナーになったら、すぐにでも実践の場に立たされるわけですから、そのイメージが出来ていることはとても大事なことです。

 

自分の作品と、志望の会社の作品を見比べて、同じところに並べられたとしたら?マッチしているといえるのか?

 

そんな視点で自分の作品を見ると、足りないところが見えてくると思います。

 

そして、大前提として、受ける会社のことを事前によく調べておくことが大切ですね。


どんな分野や商品の仕事をしているのか、どんなテイストの作品なのか、
そして、社風も含め、そこに自分の持ち味がハマりそうか、調べておきましょう!

「未経験のあなたが選ばれるべき理由」を考える

 

面接で一番伝えなければならないことは
「あなたが選ばれるべき理由と、その根拠」だとお伝えしました。

 

豊富な実績やクオリティの高い作品は、
分かりやすい理由と根拠になりますね。

 

でも、未経験の場合は、それがない、、、

 

なので、「可能性」、

 

つまり「伸び代」を
根拠をもってアピールする!!

 

ここを考えましょう。

 

どうやったら伸び代をアピールできるのか??

 

以下、例です。

 

・短い期間での成長
「3カ月のスクールで、初心者からここまでできるようになりました!」

 

・独学の姿勢と向上心
「毎日デザインのポータルサイトを見て、話題になっている作品を見たり、テクニックが紹介されていたら実際に自分でも試してみたりしています」

 

・実務への意識
「仕事としてデザインをした経験がないので、クラウドワークスなどを見て、他のデザイナーさんの提案を見たり、実際に自分も挑戦したりしてみています」

 

・根性!!
「納得いかなかったので20案くらい作り直しました!」


とにかく、
「成長する意欲がある」と思ってもらえることが大切です。

 

そして、
言葉だけでなく、目に見えるかたちで根拠となる作品があると、説得力が圧倒的に上がります。


そもそも、会社が未経験のデザイナーを採用する理由は何か?

 

それは、
現時点ではスキルはそれほど求められていなくて、
「安い賃金で採用したい」からです。

 

経験は問われない分、安くても下がらないモチベーション、育てやすさ、伸び代が重視されます。
しかも、敷居が低いので、応募も多数になっている場合が考えられます。

 

とすると、
並大抵のアピールではなく、
突き抜けたエピソードを見せる必要がありますよね。

 

ぜひ、スキルが足りなくても
「この人なら育ってくれそうだ」と思ってもらえるようなエピソードや作品について、

自信が持てるように、考えてみてください。

 

「私が選ばれるべきなのは、、、」
の先を、根拠と合わせて伝えられるようにしましょう!

 

就活でアピールすべきは究極この2つ

 

とにかく受からない、、、と悩んでいる方に、まず、一番大切なことをお伝えしたいと思います。


就活で、アピールすべきことは何でしょうか?


これはデザイン業界に限ったことではありませんが、特にデザイン業界の就活で、最低限必要なものはこの2つです。


それは、

 

「能力」

 

 

「可能性」

 

の2つ。

 

厳密には、
会社それぞれに求めてくるレベルの違いがあるので

 

「(御社が私に求める)能力」
「(御社が私に求める)可能性」

 

と、なるでしょう。


要するに、就活を通してアピールするべきなのは、

 

「私が選ばれるべき理由と、その根拠」 

 

これに尽きます。

 

これさえきちんと伝われば、あとは個性や人柄が社風に合うか合わないか、フィーリングを感じるかどうかという話まで進めます。

 

まず、
作品や面接で、これがしっかりと伝えられているか?

ぜひ振り返ってみてください。

 

また、
経験が浅い場合、

 

「私には必要充分な能力があります!」

 

というのはなかなか難しいですね。

 

また、経験値は問わない!未経験歓迎!!という会社もあるでしょう。

 

その場合には、

 

「今はこの程度ですが、私には伸びる可能性があります!」

 

ここをかなりしっかりアピールする必要があります。

 

経験値が少なくて受からない、、、と悩んでいる方は、
ここがうまく伝えられていないかもしれません。

 

意欲、とも近いところですね。

 

そして、能力と可能性、


いずれの場合も、
「根拠」をしっかり用意しなければなりません。

 

デザイナーの場合、
それがもっとも伝わりやすいのは、
「作品」「ポートフォリオ」です。

 

とにかく形で見えるものは、強力です。

 

作品のクオリティに自信がない方は、
最低限可能性や意欲を伝えられているか、
考えてみてください。


たとえば、質が足りなければ量。
少しでも質を上げようとしている意欲、成長しそうな可能性を見せましょう。


「能力や可能性」が見える
ポートフォリオの押さえるべきポイント、
面接での応え方など、
今後、詳しくお伝えしていこうと思います。

 

まずは、就活で一番大切なことのお話でした。